スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国政治のおさらい

相変わらず居丈高なチャイナだが、それでも今の主席と首相は親日派なんだってさ。胡錦濤は小沢一郎とお友達だし、温家宝は親日だった胡よう邦の弟子筋。八年前、胡-温体制が発足したときのお題目は和かい社会、つまり貧富格差に気を配り調和のとれた発展を目指すというもの。西部大開発で貧しい内陸部に投資して、沿海部とのバランスをとるという政策など。
しかし、8年たったいま、貧富の格差はますます広がっている状況。
中国共産党は五年に一度の党大会で指導者を決めるが、次の2012年で指導者に選出されるのが、ほぼ確実なのは習近平氏。ライバルと目された李克強はナンバー2とどまりそう。つまり2012年から2022年までは習主席、李首相の習-李体制になりそう。因みに李氏は胡錦濤の直系で共産主義青年団出身。二番に甘んじたのは、上海閥が胡錦濤にイジワルしたから。因みに中国共産党の派閥で力のあるのは江沢民一派の上海閥、胡錦濤の出身母体の共産主義青年団、二世党員グループの太子党。
上海閥と共青団は水と油。上海閥はお金が大好きな腐敗した人たち。共青団は左翼イデオロギーに凝り固まったエリート集団。
どっちのグループもお友達にはなりたくないが、上海閥の方がより強権的かつ貧しい人にも冷たいので、暴動も今以上に増え、中国崩壊も早まりそう。
習近平氏は二世政治家だが、安倍・福田のような日本の二世政治家と違い、苦労もたくさん経験している。というのも習氏のお父さんは中国共産党の大幹部だが、改革派だった為、文化大革命で失脚した習仲勲氏。文革終了後名誉回復したが、それまでは苦労が多かったはず。習氏も若い頃は農村部に下放されたという。
李克強氏を嫌う上海閥が推してるのが習氏なので、当然江沢民の影響が出るみたい。江沢民は日本と法輪功が大嫌いだから、メンドウだね。
因みに習氏や李氏は共産党第五世代と呼ばれるが、その次の第六世代ももう名前が出ているらしい。2022年~2032年まで政権を担当する第六世代は天安門事件の時に二十だった人達。その頃には、さすがに中国も民主化しそうな気もするが…。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

柴田のりよし

Author:柴田のりよし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。