スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小沢総書記と民主主義

小沢一郎がカンブリア宮殿で村上龍を相手に語っていた。小沢といえば、例の宮内庁長官を罵倒したさいに、記者たちに「民主主義というものを理解しているのか!」 と熱くなってるシーンが印象的だった。
確かに憲法上は内閣が天皇の行動を決めることになってるかもしれないが、天皇に対する敬いの心が全く感じられなかったのもまた事実。明治の元勲たちは天皇を「玉」と呼んでいたそうたが、小沢にとっても同様で、政治的に利用出来る将棋のコマのようなものなのだろう。実際、歴史上の大部分で天皇は政治利用されてきた訳だが、こうもあからさまだと「どうなんだろう」という気になる。

民主主義で国民が選んだ民主党が、日本のありよりを決めていくのは分かるが、その民主党内部に党内民主が無いのは矛盾してるように思うが。民主党政治が続き小沢チルドレンが大部分になったときの民主党は空恐ろしい。党内に派閥がないのは不気味だ。輿石と前原では安全保障に関する考えが正反対のはず。早く憲法論議で分裂した方がいいと思う。
民主党が内閣を動かしてる形は社会主義国に似ている。中国では国務院の上に党がある。温家宝首相は中国共産党ではNo.3の人。共産国家ではNo.1は書記長とか総書記とか呼ばれる。日本は小沢総書記の独裁国家にならないように、検察には頑張って欲しい。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

柴田のりよし

Author:柴田のりよし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。