スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハービー山口展

自分の中でモノクロ回帰が始まっている。ヨドバシのカメラ売り場では常用の薬品さえどんどん製造中止になりつつある。世間の流れがモノクロに冷酷になるほど、モノクロ愛が強くなるひねくれものである。仕事ではデジカメも使う。でもやっぱり写真は銀塩モノクロプリントだと思い込んでいる。いま、写真年門学校では暗室をやるのかどうか知らないが、今後焼きこみや多い焼きの芸ができない人が増えるだろう。雑誌の連載で伝統工芸の師匠たちを訪ねている。写真の一部もそういう方向に展開するだろう。

ゲッコールが無くなりフジが縮小しても、まだ選択肢はたくさんある。最近はハンガリーやチェコの印画紙も手に入るので選択肢が広がって嬉しいぐらいだ。オリエンタルも健在だしまだまだ悲観することはない。

というわけでハービー山口展を見に行った。ハービーさんといえば音楽の写真だ。ジョー・ストラマーやボーイ・ジョージほか福山雅治などいろいろ有名人。でも、それ以外の英国の市井の人を撮った写真もよかった。好きなタイプの写真だ。ハービーという人とは面識もないが写真に品がある。入り口にある文章も優しい感じで、多分イイ人ではないかと思う。

写真が丁寧だ。普通の画角でさりげなく撮っていていい。下品なレンズであおったり踏み込んだりしていない。多分高価なレンジファインダーカメラだろうが、それよりご本人の性格が反映しているようだ。プリントは仕上げも丁寧なバライタで、大御所なのに控えめなサイズに焼いている点も好感を持った。いろんな点でモノクロスナップの教科書を見るようなよい写真展だった。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

柴田のりよし

Author:柴田のりよし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。