スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖火リレー

 仕事に行く途中、携帯のワンセグで長野の聖火リレーの様子を見る。長野駅前で萩本欽ちゃんにペットボトルか? モノが投げられる。その後福原愛ちゃんも襲われそうになる。NHKのアナは聖火は無事リレーされ云々いっているが、テレビでみるかぎり全然無事じゃない。とはいえ火炎瓶でも投げ込まれ選手が火だるまになっては可哀想なので、欽ちゃんがひるむ位で丁度良かったように思う。長野では善光寺がチベット人弾圧を理由に出発地を辞退したのが、久しぶりに爽やかなニュースだった。日本では長いモノには巻かれろ的対応が通常だが、日本の僧侶も棄てたものではない。

 今回の五輪、まず北京でやること自体に無理がある。IOCのサマランチ元会長に責任があると思う。経済発展に目を奪われ、独裁国家の本質が見えていない。

 とはいえ一連の騒ぎ以来、チベット問題が日本でも普通に取り上げられるようになって良かった。以前は朝日新聞、NHKなどはチベット問題には非常に冷淡だった。最近は一応取り上げてくれるだけでなく、週刊朝日などは中国に対しかなり批判的だ。

 メディア内部でも世代交代というか、加藤千洋、筑紫哲也、田原総一朗のような中国シンパが高齢化して来ていて、若い一線級の記者は左の思想に懐疑的。最近はネット論壇もあるので、大手メディアが世論をリード出来る時代でもない。

 僕が残念に思うのは日本に住む留学生たちの動きだ。中国本土の漢民族がカルフールのボイコットなど愛国活動に熱心なのは仕方がない。彼らの情報は完全に共産党にコントロールされている。ほとんどの漢民族はチベットの歴史、ダライ・ラマなどについて何も知らない。無知で愚かしく思えるが、現状仕方がない。しかし外国に住む留学生は色んな情報に接することが出来るはず。チベット人弾圧に同情的な人もいることを信じたいが...。やっぱり愛国教育はなかなか抜けないのだろうか。外国へ出て学校の勉強以外に、民主国家の批判精神のようなものも学んで欲しい気がするが...。今回のように世界中が白けているのに世界の漢民族だけが盛り上がっているのをみると、漢民族の民度の低さが露呈されて残念だ。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

柴田のりよし

Author:柴田のりよし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。