スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

用語上の違和感

 チベット報道では語句の用法に違和感を感じることが多い。暴動と言うより蜂起と言った方が正しいと思う。新華社の発表は勿論暴動という表現だろうが、日本のマスコミが中国政府の見方に立たないでも良いと思うのだが...。チベット人一揆でも悪くない。
 
 甘粛省のチベット人居住区、四川省のチベット人居住区といった言い方も個人的には違和感を感じる。中国の見方ではいわゆる西蔵自治区だけがチベットであるかのようだ。チベット人の国土感では、いわゆる西蔵自治区と周辺のチベット自治州は本来切り離せないものだ。チベット人はチベット三州という言い方をする。ラサやシガツェなと中心部をウ・ツァン、チャムドやジェクンド+いわゆるカンヅェ蔵族自治州周辺をカム、青海の大部分と甘粛南部からギャロンの草原地帯をアムドと呼ぶ。

 アムドとカムの大部分が中国の支配下に入ったのは、雍正帝のチベット分割によるものだから、18世紀以降。但し清朝では実際の支配は現地のチベット人土司(世襲のチベット人豪族)に任せていた。中華民国時代、カンヅェ(甘孜)蔵族自治州はは西康省と呼ばれたが、その時期でさえ中国が西康全域を直接支配していた訳ではない。中国政府とチベット政府の戦争で国境線は何度も動ていた。現行の自治区と自治州に分割された版図は六十年代に共産党が書き換えた地図だ。そうした歴史的経過を踏まえた上で報道してくれないものか。

 四川省のチベット人というと、何か漢人とチベット人が混ざり合って仲良く住んでるみたいだが、タルツェンド(康定)を境に東の低地に漢民族、西の高地にチベット民族と本来分かれてすんでいた。中国人地区から二郎山を越え、いわゆるカンヅェ蔵族自治州に登ると劇的に風土が変わる。

 チベット語で中国人はギャミ、チベット人をプバという。チベットを分割支配しても、チベット人にはギャとプの区別しかない。共産党はチベットの同化(漢民族化)を進めているが、同化を強めるほど反発が強まるのは当然だ。
スポンサーサイト
03 | 2008/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

柴田のりよし

Author:柴田のりよし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。